HIVについて

アフリカではHIV感染は若い女性に多く、LGBTには少ないです。 ウガンダでは7パーセントの感染率ですが、難民キャンプのLGBTは3パーセントです。 知識がLGBTのほうがあるからです。 国連が難民に支給する抗レトロウィ […]

追悼の祈り

先週、ナイロビの都市部難民の方が、27歳で、亡くなりました。 ナイロビのLGBT,ウガンダのLGBT,カクマ難民キャンプのLGBT,皆、悲しみました。 カクマでは、昨夜、追悼の祈りが捧げられました。 支援金が底をついてし […]

お米の配達2

  50人LGBTIが住んでいるところに50キロのお米を配達しました。 ここは、カクマ難民キャンプの中でも一番古い地域で、現地にすむトゥルカナ族の住居を利用したものです。トゥルカナ族は今も、周辺に住んでいます。 […]

お米の配達

お米を配達はじめました。Mosesさんがキャンプ内で3キロ離れた市場に買いに行き、帰りは重い(25キロ)なので、バイクで運んでもらったそうです。LGBT難民で違うテントに運びました。 差別を受けて、仕事がないLGBT難民 […]

貧富の差

難民キャンプに貧富の差があるのをご存知でしょうか? 国連が管理しているのだから貧富の差などないとわたしも思っていました。 しかし、カクマ難民キャンプは20年前からあって数万人がすむ巨大な村です。 ここで生まれ、キャンプ以 […]

Air time

ウガンダから持ってきた携帯電話が彼らの唯一の情報発信手段です。 難民キャンプには、携帯の電波は来ています。 難民だけでなく、市場に物を運んでくる人もいるし、UNHCRも携帯がないと困ります。 Air timeといって、ウ […]

ナマラさんの生い立ち

現在、キャンプとコンタクトをとっている難民のナマラさんの生い立ちを話します。 彼は、イスラム教徒の家族で生まれました。2歳のとき母が亡くなり、記憶には母はありません。父は病気だたので、叔母のところで育てられました。彼が、 […]

ビデオメッセージ

国連UNHCRのレセプションセセンターのWi-Fiを使わせてもらっていたのですが、それを使わせてもらえなくなってしまいました。ウガンダケニアで一般的なプリペイドのairwayに切り替えることになりました。 データ量をかな […]

HIASが

(ナイロビの貸家を追い出されたLGBT難民 写真7月12日) HIASというユダヤ人の難民支援組織が、ナイロビの都市部難民に月一人40米ドル払っていました。それで、ナイロビにも難民が住んでいます。もちろん、家賃で40ドル […]

灯り

LGBTI難民のテントには電灯がまったくありませんでした。お金がなかったからです。 夜8時になったら、真っ暗になり、それまでに寝床に入ってないと、自分の寝床がどこかわからなくなります。 テントの出入り口は、夜、もし、外に […]