PWJ

 

Expense of 1100kshs received yesterday .
Mpessa charges 100khs .
Kapool hospital transport bills 500kshs.
Namala ‘s transport bills to PWJ ‘s offices kakuma town 500kshs .
Total 1100kshs

 

PWJの場所が遠く、おそらく歩いて片道2時間近くなのでバイクを許可しました。

あと、HIV+の方の通院支援 この子は最近怪我しました。

PWJはその後LGBTI難民支援を断ってきました。

見えない壁を感じます。

PWJ, AARとも、LGBTI支援を断ってきました。

おそらく、日本政府のジャパン・プラットフォームがスーダン人支援しか認めていないせいかもしれません。

キャンプ内で一番脆弱な立場なのは、LGBTI難民だということが、わからないようです。

そもそもLGBTI難民の存在を認めていないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA