冬休み中の支援金の用途

年末年始はわたしの日本の銀行が振込してくれないので、モバイルマネーが送れません。それで予備のお金を送りました。

ナイロビから到着したばかりの難民が、帯状疱疹になっていることがわかりかなりの痛みに耐えていました。

UNHCR下のIRCの病院につれていき治療を受けました。

バナナなど食料も多めに与えました。

他の病気がある子の粉ミルク

薪(UNHCR が配る薪は一ヶ月持ちません)

Emergency fee received from you totaled to 7000kshs you once sent 3000kshs and you again sent 4000kshs this was the expense .
Henry to private clinic day one.
Injection 200kshs.
Food 600kshs.
Drinking water 100kshs.
Henry to IRC hospital day two .
Transport 800kshs.
Drinking water 100kshs.
Medicine 100kshs.
Refreshment 300kshs.
Madina and Abson charcoal 800kshs.
Madina and Mobile phone lines 2 each at 400kshs =800kshs.
Refreshment. Kutesa and Madina 400kshs .
Kapool ‘s milk 800kshs .
Transport to Claudia’s place after the death of her mum for 5 guys Gibson,Madina,Nicky ,Kutesa, and Isaac 1200kshs
Total all together 6200kshs .
Balance in my pocket of current for emergency is 800kshs .
Total brought foward 7000kshs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA