オランダの事情

オランダのLGBTI難民支援グループの非公開FBグループに招待されたので、これからオランダの事情を勉強します。毎月40人くらい集まっているそうです。 トイツの支援グループは、弁護士の紹介とかのペーパーワークだけで、ベルリン市公営のLGBT難民シェルターに入れるかは、コネがあるかどうかなので、自力で、ドイツに行ったウガンダ人LGBTIは、基本的に、ドイツの難民キャンプに入れられます。アラブ人ばかりなので、怖いので、自室にこもりきりだそうです。ドイツの難民キャンプはスマホが使えるので、精神的には隔離されていません。スマホを没収される牛久との違いです。
なんとなく、雰囲気がオランダのLGBT難民支援団体のほうがほのぼのしているので、ちょっと、興味が出てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA